富山連続婦女暴行冤罪事件

“=========== Meta ============
“StrID : 9781
“Title : 富山連続婦女暴行冤罪事件
“Cats : 社会・世相・時代の参考情報
“Tags : 時事・ニュース,再審無罪,公訴時効,告発,偽証,反省,捜査員,富山連続婦女暴行冤罪事件
“========== Content ==========

氷見市で2002年に起きた強姦(ごうかん)、同未遂事件で服役させられた柳原浩さん(47)が再審無罪になった「氷見事件」を巡り、当時の県警捜査員4人を富山地検へ告発した柳原さんの支援者らは26日、ずさんな捜査を改めて批判した。

 支援者らは告発後に富山市内で会見。井上清志さん(65)は、柳原さんが国や県に約1億円の損害賠償を求めている訴訟が10月に結審した際、県側が出した最終準備書面が告発の引き金だったとし、「『違法性はなかった』と繰り返し、反省がなかった」と厳しい表情を見せた。公訴時効については「訴訟でも虚偽の文書をもとに主張を展開している。行使がいまだに続いている」と話し、成立していないと説明した。

引用:富山)捜査方法を改めて批判 氷見冤罪事件で捜査員告発:朝日新聞デジタル

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
FileName: 20141127_1116.txt
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
SentDate: 2014-11-27 11:16:42
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー